Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Gary Family

Archives

バリエーション豊富な琵琶湖の秋!


お久しぶりです!

 

琵琶湖の市村です!!

 

 

2016のJBシリーズも終わり、最近はもっぱら琵琶湖に浮く日々を満喫しているわけですが、秋の琵琶湖と言えば…巻き物!!

 

っと言ったイメージが強いですが、それだけじゃないのが琵琶湖の秋。

ベイトに依存した北湖のスクーリングフィッシュを、ワームを使い分けて数・サイズを楽しむのも琵琶湖の秋の面白いところなのです。

 

水温低下に伴い、ディープストラクチャーに固執し始めたバスを狙い撃ちしていくパターンなのですが、マッチ・ザ・ベイトという言葉が見事にハマるほど、そこにいるベイトにワームを合わせる事が釣果に大きく差を生みます。

 

 

カレントが効いていないようなエリアにある漁礁やロックエリアには多くのワカサギや小鮎・モロコなどの小型ベイトが生息し、そのベイトサイズに合わせるように「レッグワーム2.5・レッグワーム2.9・カットテール3.5・カットテール4」などのスモールワームをダウンショット(1/8~3/8oz)にセットして狙って行けば…1日100匹コースも夢じゃない釣果!!

 

 

サイズは選べないものの、この時期に3ケタの釣果を出せるのは、ベイトとワームのサイズマッチングがバッチリだからなのです!

また、基本的にはクリアーな琵琶湖北湖ですが、雨の影響で濁った時はレッグワームで通常はカットテールなんて使い分けも大事ですのでお試しを!!

 

次はカレントがキツく当たるようなエリアですが、そこには小型のベイトが少なくハス系の大型ベイトが生息しています

 

そういったエリアでのマッチ・ザ・ベイト選択は横の展開ではハートテールのノーシンカーorスイムジグ(1/2~3/4)セッティング。

同じような横展開でもクリアアップしていたり、ハートテールに反応が無い場合はDDDシャッドのノーシンカーorキャロ(5/8~1.5oz)のリアクション。

上2つで反応のない場合はスローダウンさせる為のジャンボダブルテールフラグラブのボリューミーなキャロ(5/8~1.5oz)。

 

 

この3つがマッチ・ザ・ベイトの軸となって大型ベイトのエリアでは活躍します!!

 

 

イメージとして、まずはハートテールでざっくり狙って反応を見て、その後リアクションをDDDシャッドで入れて、最後にジャンボダブルテールフラグラブで〆る!といった感じ!!

 

 

特にジャンボダブルテールに関してはマッチ・ザ・ベイトに似つかない形状ではあるが、そのボリューム感と複雑なアクションからバスに大型のベイトと錯覚させる力を持ったワームなので、おススメです。

 

ってな具合で、巻き物だけじゃない秋の琵琶湖を楽しんでいるわけですが、寒さが厳しくなるにしたがって、よりバスがストラクチャーに固執するようになるので、これから冬にかけてもハマるパターンです!寒さに負けず、是非お試しを!!