Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Gary Family

Archives

ハートテールタイム


image0.jpeg
琵琶湖西岸は夕方になると、バスがシャローにさしてくるようになりました

3月末からその数は日に日に増えてきました

但し、メスの個体の中には既に一度目の産卵を終えたものもあります

バンクからゲーリー5インチハートテールに1/8オンスシンカーフックを装着して、ロングキャスト

水深2メートルのボトムから50センチ程浮かしてゆっくり引いてくると、カンッと小さくバイトします

このリグでサンセット前の半時間に、46センチと56センチの2本が出ました

Spring has come


image1.jpeg
コロナ対応に追われる毎日ですが、ちょっと一息ついて、
感染リスクがゼロに近い琵琶湖上へ

とは言え、ここ数日は早春独特の爆風続きで、風がない時間帯の見極めが必要です

風を避け三連休最終日にやっと琵琶湖に浮かびました

朝の水温は12度後半だったので、毎年プリが入るコンタクトエリアに直行しました
が、ノーバイト

水温が13度後半まで上がりだした10時過ぎに、最初のバイトがすっぽ抜け

 

3.5インチハートテールのテールを持っていかれました

 

image2.jpeg

 

でもデカかったぁ〜

 

その後、またも北風が強まり、短時間で爆風大荒れ

 

風裏に逃げ込みやり過ごした後に再度チャレンジ

 

ショートバイトを我慢して、やっと仕留めたのは50には届かないものの、春を感じるプロポーションの46センチ

 

その後、もう一本を加えて雨が来る前に終了

 

コンタクトポイントは1.6〜2メートルのハードボトムシャローエリアでした

 

リグは全てノーシンカー3.5インチハートテール987N/987 アオテナガカラーのリフト&フォール

さあ、春が来ました

水温上昇と共にこれからが本番です


納得の瞬間



先週、兵庫県青野ダムで釣ったワカサギをじっくりと見ると、今更ながらゲーリー2.5インチレッグワームや2インチヤマセンコーがダム湖で良く釣れる理由が分かりました

この絶妙なサイズ感と生命感を演出するマテリアにバスに思わずバスが口を使うのでしょうね

さてさて、ここ数日は吹く風の向こうに春を感じるようになってきました

楽しみな季節がやってきます


image0.jpeg

image1.jpeg



琵琶湖に行くならカットテール


夕方からバスの顔を見たくて湖西北湖ヘお出かけ

流石に週末は結構なアングラーで賑わってました

でも強い味方、3.5インチカットテール

 



ダウンショット、ワッキー、ノーシンカー
何でも釣れました

今も昔も、琵琶湖に行くならカットテール
ちなみに今日のカラーは194


西日本バスプロ選手権


15723242688910.jpg
週末開催のバスプロ選手権は1日目は残念ながらノーフィッシュ
2日目は何とか絞り出して1本とって、単日では9位
トータルで31位でした

大船団の中でも釣れたのは、3.5インチエコカットテール

今回も3.5カットテールの3/32ダウンショットに助けられました

永遠に釣れない時間が過ぎるの試合でしたが、二日間集中してエキサイティングに楽しむことができました
応援していただいた秋林さん、皆さんありがとうございました

結果はよくなかったですが、なんだか次に繋がるやり切った感は残りました

Previous | 1/40 Pages | Next >>