Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Gary Family

Archives

本日はゲーリーCUPなり


image3.jpeg
今日は琵琶湖南湖でNBCチャプター琵琶湖『ゲーリーインターナショナルCUP』を開催しております。

冬は修行


 

 こんばんは!関西ローカル琵琶湖の古村です。

 

 昨日1/14の成人の日は、ホームレイクの琵琶湖に出撃してきました。年取るごとに寒さに弱くなってきて寒い時期は苦手なのですが、今年は何故か、例年に無く1月からやる気がみなぎってますね(笑)

 

 

 天気は良かったのですが、世間では連休最終日の影響か、いつになく閑散とした休日の湖上の様子。

 

 一年の間でも厳冬期はやはり簡単ではありませんが、釣れる場所や釣り方が極端に絞られるので、それを探す楽しみという点では個人的には好きな時期なんですよね。

 

 

 今回も鬼の巻きメイン展開で、結果的にハートテールをコンボしたスイムジグに軍配が上がりました。当たりカラーは『No.306N/000 ナチュラルシャッド/レインボー&ゴールド&ブラックフレーク/クリアー』​

 

 

 二人で一日頑張って、明確なバイトは4回。うちキャッチ2本となかなかの厳しさ。水温低めの朝は喰いが浅いのかショートバイトでスッポ抜けでしたが、晴れて水温上がった昼以降はしっかり咥えてくれてフッキングも決まりました。この時期の傾向です。

 

 この寒い時期は一日キャスト続けると肘が痺れて辛くなりますが、魚の顔見たくてついつい意地になってやってしまいますね(笑)


続・1月のハートテール


 

おはようございます!関西ローカル琵琶湖の古村です。

 

 

今週末は、所用により琵琶湖を留守にしてしまうので、週末出られない分を平日に出てきました。

 

 

とはいっても、実質4時間程の短時間釣行なのであれこれ手を出す時間も無いため、前回の続きでハートテール場へ。

 

 

水温も昼で8℃台と低いなりに安定した日が続いているので、まだ可能性はある感じ。

 

 

開始1時間ほどで・・・やはり居ました。

 

 

前回同様にスイムジグのトレーラーはハートテール使用。

 

 

カラーは、『No.306N/000 ナチュラルシャッド/レインボー&ゴールド&ブラックフレーク/クリアー』を使用

 

 

アタリも「コンっ!」からの無重力と気持ちいい一発!

 

 

重さも3キロ強あり、体高の発達した筋肉質なパーフェクトボディーの魚の捕獲に成功しました。

 

 

傾向としては晴れた日であれば、水温が上昇してくる昼頃から、水温とともに魚の活性が上がるので、だいたい釣れる時間帯も似た感じになってきます。

 

 

この魚の後も2回ほどバイトチャンスはあったのですが、いずれも食い込み浅く、魚の重みを感じる事無くスッポ抜けで追加は無しで終わりました。

 

 

厳冬期になりますので、ハイシーズンのような魚からの反応はなかなか得られませんが、タイミングさえしっかり合えば釣ることは可能なので、皆さんも寒さに負けず冬のバスフィッシング、くれぐれも安全第一で楽しんでくださいね!!!

 

 

 

 

 

 

 


☆★2019 明けましておめでとうございます★☆


 

新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

 

 

関西ローカル琵琶湖の古村でございます。

 

昨年末の釣り納めでは、見事にスカ喰らって○ボーズだった為、新年は三が日が明けるのを待ちきれずに、1/3から気合いを入れてホームレイクの琵琶湖に出てきました!

 

流石に年末の寒波もあり、前回出た時より大幅に水温も下がって7〜8℃台と簡単では無い時期に突入してる感じが・・・。

 

朝一チャンスは手堅くメタルバイブでと年末から魚が溜まっていた場所で狙うもノー感じだったので、年始だし一番好きな釣りをしようと場所も大きく変えて、使うルアーも切り替えて、スイムジグ展開にスイッチ。

 

地形変化に絡む数少ない残りウィードに丁寧にこすりつけていく感じで狙っていくと・・・。

 

 

あれよあれよと好反応💘

 

大きさにしたら50〜60メートル四方のウィードパッチでしたが、魚が溜まってくれていましたね。ラッキー!!

 

スイムジグのトレーラーはモチのロンで我らの『ハートテール』に決まってますよ!

 

 

色々試しましたが、反応が出たのはハートテールのみでした。

 

低水温期でもしっかり魚を引っ張ってくる力は、今更説明不要でしょう。

 

この日は反応も良く5時間程の間に7バイト6キャッチと、厳しい時期にしては上場の結果でした。

 

 

新しい年の最初の魚が全てゲーリーワームだったのも縁起が良いですし、今年は良い年になるのでは・・・と勝手に思っています(笑)

 

 

 

今年も日頃からゲーリー愛好家のファン皆様にとって更なる良い年となりますように💘

 

 


Gary Yamamoto!! meets in BIWAKO


こんにちは〜

関西ローカル琵琶湖の古村です。

 

つい先日の11/1〜/2、来日中のGary Yamamoto夫妻が琵琶湖での実釣取材の為、滋賀にみえるという事で、地元のゲーリーファミリーを中心に食事会の席を設けて頂き、私個人では人生二度目の生ゲーリーに会いに行って参りました〜。

 

川越さんが持参した雑誌BASSERの創刊号に特集されていたゲーリーの記事に直接サインするゲーリーさん。ご本人も懐かしそうに当時の記事を眺めておられました。ものすごい時を経て川越さんが大切に保管されていたBASSERは家宝へ殿堂入りですね!!

 

こちらも貴重なショットです。日本のバスフィッシング界のレジェンド下野さんが初めてゲーリーに会われたのは、まだ日本でゲーリー製品が取り扱われる以前の35年にも前に遡るそうです。私まだ10歳の時だ(^^;)気の遠くなるような時の流れです。

 

貴重で楽しい宴は、なかなか他では聞けない興味深い話が満載で、あっという間に時間が過ぎてしまいましたよ。

今回、このような場を設けて頂いた河辺さんには感謝しかありませんね。

 

 


Previous | 1/36 Pages | Next >>