Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Gary Family

Archives

12/27 真冬の琵琶湖


年の瀬 少しの時間が出来たので

ボートの越冬準備も兼ねて マリーナへ。

 

マリーナも冬の準備と 来春に向けて レンタルボートの修繕等にと

何やら忙しい感じ。(釣り人は、私だけでしたが、、、)

 

時間的に2時間も、湖上に出れるかな?

そんな持ち時間しかなかったので マリーナ沖(カネカ沖)で

11月からリグっていた ヤマセンコー5イン、ライトテキサスで

残りウィードを丁寧に攻めて、3バイトの1フィッシュ!

 

寒い中 食ってくれた45cm!

 

実質、年内は これが釣り納め。

今年を振り返れば 本当に難しい琵琶湖で ハイシーズンにセオリー通りの場所で

ライトリグを握っても ノーバイトの時も多く、手を焼かされましたね。

 

一昔前と違い、琵琶湖も 水面下では魚の動きが 相当、変わって来ています。

来期は、釣れる 当たり年となるように願っています。

皆様、どうぞ、良いお年を、お迎え下さい!

 

 

 

 


11/30(土)琵琶湖


寒波到来・・・

湖上は寒い・・・

 

朝の水温は7.1度・・・

 

主要な温排水系、湧き水のピンを2カ所ほど回って・・・

キーパーサイズ(でも太い) 5インチ(ヤマセンコー)ライトテキサス

 

2本目は、40UP!(寒いので魚が曲がるんです)

本当は、もう少し水温冷え込んだ方が、大型が温排水(湧き水)近辺に

固まってきて釣りやすいんです。

 

昼前になり少し水温が上がりだしたら・・・

48cmのグッドサイズ!

 

軽いテキサスでヤマセンをウィードに乗せて置くと・・・

ほぼ同サイズ!

 

同じような誘いで・・・

46cm!

 

その後、急に濁りが入り出したので 本日は、船のメンテもあったので

午前中で上がりです。

 

チャンネル水温が6度台をキープし出すと この手の釣りをすると

パンパンに太った冬バスが釣れます。

ただバイトは遠いのは、冬なので仕方ないですが

狙って獲れる釣り方は 醍醐味がありますよ!

冬には、5インチ、ヤマセンコー(ライトテキサス)の、フワ釣り!

一度、お試しあれ!

 

 


琵琶湖で釣るなら今はコレ!


今年の琵琶湖は難しい・・・

昨今、よく聞く話です。

 

でも、条件合えば、こんなサイズが1エリアで釣れ続けます。

 

太い50UP! ディープホール南壁

 

全開放水が続いた琵琶湖。最大規模の浚渫ディープホールの南壁に、

ワカサギが、ドドッと流され凝縮され、バスも連れもって凝縮され

ワカサギに似た3.5インチのカットテール(ノーシンカー)を

投げて沈めて、す〜と引くだけで、ジーーーーーーーーーーーーー!と

ドラグが出る魚に出会えます。

 

同じ体系の太った50UP!

 

色はワカサギに似た、コチラがベストマッチ!

COLOR No : 306 ナチュラルシャッド/レインボー&ゴールド&ブラックフレーク

 

ちなみにワカサギは水門の開け閉めや天気によってディープホール内を移動するので

南壁がダメなら東壁、浮いているなら表層引き、沈んでいるならディープでミドス気味に!

旬のパターンを試すなら、お早めに!

 

 


琵琶湖プラなう


1564555186035.jpg
何とか絞り出した55cm !
5インチ ヤマセン!

琵琶湖プラなう


1564548508793.jpg
週末の試合に向けて平日も
ジリジリ太陽に焦がされながらの
必死のプラ中!

Previous | 1/50 Pages | Next >>