Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Gary Family

Archives

琵琶湖チャプター 5/13日


前日、夏日、試合当日、ゲリラ豪雨・・・

日本の気候も亜熱帯化している感じ。

 

試合当日、続々と参加選手が桟橋に!(この時点では雨は無し)

 

仕事の都合上、前日プラに入れず、先週、感触を得ていた魚の動きを予測して

当日アジャストで行くプランで 試合を運びましたが・・・

 

こちらは先週の魚

 

 

こちらは試合当日の魚・・・(ひとまわりサイズが小さくなってます・・・)

 

 

中々、一筋縄ではいきませんね・・・ 最近の琵琶湖は。。。

 

試合中、とんでもない豪雨に遭い

30m間隔ぐらいで浮いていた 近くの選手も

ホワイトアウトになり、全く見えない状態で

完全孤立?みたいな感じの悪天候。

 

ボートビルジは回りっぱなし、

どこから入ったのか?タックルBOXの中も

バケツに水入れた状態で、、、(T_T)

 

まぁ、とにもかくにも、練習量が足らないです。

次戦こそは、てっぺん奪取します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5月6日(日) 琵琶湖


ゴールデンウィーク最終日。

来週のチャプターのプラを兼ねて琵琶湖へ!

 

※データ

 天候 晴れ 

 水温 18

 水質 ステイン

 プレッシャー度合い MAX

 

GW最終日の本日なら 意外に南湖も空いている?

と、思いきや・・・

 

どこもかしこも、ボート!ボート!

の、満員御礼〜

 

プレッシャーも相当高く、おまけに南風の大荒れ・・・

何とか風裏に入り、釣りが出来る状態をキープ。

 

でも、

皆さん同じように、風裏に避難しての釣りで

ボートの密度が尋常でないです。。。

 

強プレッシャー下には、コレをノーシンカーが

私の定番!

 

ハイ! 58cm!!

YAMASENKO / ECO 5"PRO-SENKO (エコ 5"プロセンコー)
カラー341   リグ:ノーシンカー(ワッキー掛け)

 

その他、49〜45cmまでを、6本程度。

 

今日は、ふわふわ〜と、着底させて

チョン!っとワンアクション後、放置でOKでした。

さて、来週の試合(開幕戦)は、どうなるでしょ?

 

 


第1戦延期(琵琶湖)


本日開催の琵琶湖チャプター、避けられない荒天のため、延期となり

ブログを更新している次第で、、、(天気図みると、延期で正解ですね)

 

第1戦でもあり、虎視眈々と、平日隠密プラしまくりで

かなり今年の南湖のデカい個体の 回遊ルートと、ウィードの少ない今年の

コンタクトポイントとなる物+差すタイミングが 

掴めたところまで 詰めれた感じで、、、

 

本当に今年は スポーニングエリアの入口付近には ウィードが無い・・・

 

まぁ、普通に この辺でしょ春って?って

釣ってると 永遠ノーバイトを招くことになりかねないです。

 

例年は、少し底を切った感じで リグを操ってやると

デカい個体が選別できるように 口を使っていたのですが

今年の個体の特徴は 底ベタで浮かさず 更に細い物に好反応な感じで。

 

ワームで言うと 4インチカットテールが◎!!

 

ネコとか、ショートダウンとかも嫌がって とにかくノーシンカーで

丁寧に沈めて 底からワームが浮かないように

エレキでラインスラッグを 意図的に作り出すよう絶えず操ってやると

 

ぐーん!!って 

 

通年ですが 春の個体は やっぱり気難しいですね。

 

でも今年は 例年のこの時期にしては ボートが凄く多くて

更にウィードも無く 付き場所も無いので プレッシャーが

慢性的にかかっているような感じ。

 

延期振替えは 初夏(7月1日)。

さて実質の第1戦(5月13日)に向けて またまた虎視眈々と

プラに励むのみです。

 

 

 

 

 

 


3月25日(琵琶湖:南湖)


陽気に誘われて、琵琶湖にプラ!

 

船のメンテやらで時間をとられて、昼から出船!

 

写真では、穏やかな湖面に見えますが、以外に沖は

南風の荒れ模様で、ザブザブ・・・

 

風裏で、春が早いエリアから 3週間後の試合を想定して

見て回ることに。

 

浜大津まで来ると、ほぼ凪で、釣り日和!

 

新芽はまだのようで 残りウィードを探しにかかるが

中々、無くて 2時間ほど魚探がけのみ。

 

それでも無くて、、、

 

仕方なく、沖のフラットの 地形の変化の凹みを

丁寧に、カットテールの ジグヘットで釣り込むと

35cmぐらいのは、飽きない程度に釣れる。

 

こんな感じのボトム変化を釣ります。(水温11.3度)

 

ただ条件は、魚探に映っているベイトが 通過する頻度が高い

凹みフラット!

 

まぁ、そのうち ビッグが混ざるであろうと思い

35cm程度は 写メ無しでいると、

時間の経過とともに 北からの冷たい水が 回りだし 

水温低下で 全くビッグが混ざらず・・・ タイムアップ、、、

 

帰港〜!!(水温は10.5度までダウン)

 

中々、どうして 越冬明けの琵琶湖は 難しい感じ。

3週後の開幕戦には キッチリ合わせて行かないとね。

 

琵琶湖レポートでした。

 

 

 

 

 

 

 


シーズン前の点検


1518409904038.jpg
シーズン前、点検にマリーナにやって来ましたが
体が外気温に慣れてなくて、作業2時間で
指先もカチカチで、思うように動かなくギブアップ。
湖も南風ババ荒れで、白波たってました。
でも、ぼちぼち始動の時期です!

1518409914673.jpg


Previous | 1/46 Pages | Next >>