Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Gary Family

Archives

今日の琵琶湖 モコリークローで オール50UP Day!!


試合で噛み合わない 今日このごろ・・・

憂さ晴らしと 次戦のプラを兼ねて またまた寝ずの琵琶湖釣行!

 

 

出船は、どっぷり日も上がり 既に暑い・・・

 

 

日焼けは大敵な、お年頃。

 

今年から、三蔵法師を導入! これ超涼しい~!!

 

さて、釣果の方ですが、本日は、昨今の琵琶湖の

季節の進むスピードが 異常に早いので 

打ち込み1本のパターンを探し 南湖を右に左に・・・

 

 

で!

発見ーーーー!!!

 

 

魚探右側がエビ藻

左側がカナダ藻

 

しかもカナダ藻の中は 早くも完全ドームを形成!

更にハンプ絡み!

 

毎年7月にならないと このピンは、この様な形には

成らないのですが 今年は、既に完成形に近い!

 

で、早速、こやつで 打ち込み開始!

 

 

ドームを貫通させて 着底確認→ステイ→グゥ~ンと重くなる!

 

怒涛の50UPの 入れ食いでした!

 

釣っても、釣っても 50UP!!

 

個体は、まだ回復仕切っていない アフター気味ですが

それでも、頭5本で、10kgは超えます。

 

本日、使ったのは モコリークローのみ!

 

この時期、まだアフターの個体が多いので あまり大きすぎず

一口サイズで 尚且つ、甲殻系の動きが遅く 

食い応えのあるシルエットに 琵琶バスは反応大です。

 

琵琶湖と言えど 中々、一箇所から 50UPが釣れ続くのは 

珍しい現象です。

 

夏っぽい釣りが 琵琶湖では始まり出しましたよ!

 

 


サンショウウオを琵琶湖で使うと・・・


店頭で既に並んでいるかとは思いますが、話題のニュースタイルワーム

サンショウウオ!

 

早速、琵琶湖で使ってみると・・・

 

50UPのオンパレード!

 

 

注目すべきは、釣果も然ることながら

下の写真に注目!

 


2本ほど釣ったあとのサンショウウオですが

全て、フックポイントの胴体、目掛けて

バイトしてきている事実!

 

決してテールから、用心しながら(疑い半分)で

食ってきた感じの痕跡(歯型)は、無し!

 

全て、本気食いの、迷い無し!

 

これはネコリグなんかで、マスバリの位置目掛けて

食ってくる現象と同じ。

 

ただネコリグは、マスバリの位置を起点に山なりに

ワームがアール(弧)を描くので、その支点(頂点)目掛けて

バイトしてくるのは判ります。

 

此度、私が試したのは、オフセット3/0のノーシンカー。

ネコリグのように、ワームが曲がる?

それは物理的に無理。

 

しかし、胴体の中心目掛けて、琵琶バスは全力バイト。

使うなら今の琵琶湖!

 

是非、その強烈バイトを体感して欲しい!

 

PS

今の琵琶湖なら、投げてフォールさし、ウィードの上に置いておいて

時折、リフトさす感じで使用してみて下さい。(ステイ中心)

風があるなら5g or 7gテキサスで!(こちらもステイ多めに!)

 

上記釣行と別日のサンショウウオでの釣果動画は、左記をクリックで、

ご覧になれます。

 

 


琵琶湖チャプター開幕戦


ウィードの無い、今年の春を、どう攻略するか?

それが今回のキーでした。

 

プラの段階では、いい魚が好反応でしたが・・・

 

試合週に南郷の水門をほぼ全開に開けたため

魚も一斉にレンジを変え、多くの選手が苦戦した様子。

 

マスター戦と同等の参加選手の多さで桟橋は満員御礼~

 

 

間もなくスタート!

 

結果は・・・

中々、どうしてヤラかしてます・・・

 

大型の個体であっても、プラでは余裕で取り込める魚を

試合中になると、変なアドレナリン?が出ているのか

当日も、朝イチに重いのが食ったのですが、ブレイク・・・

 

忘れた頃に、また重いのが食ったんですが、

途中フックアウト・・・

 

ヤラかし続けると、リズムは崩れ、

アカン方向へまっしぐらです・・・

 

それでも、何とか3バイト目は、モノにしましたが・・・

 

大型1本じゃ、春の琵琶湖戦では、どうにもこうにもなりません…

※Feco プロセンコー(ネコ) 1/16 ステイ中心 2,550g/1本

 

結果は・・・

1位 サイト 7110g

2位 浚渫  6600g

3位 サイト 6470g

4位 サイト 5930g

5位 浚渫  5860g

 

一日3バイトのみ(試合時間内@5時間)

私は、何位か忘れました・・・

次戦のために、練習あるのみです!

 

 

 

 


本日の琵琶湖


なか2日空けて、またもや仮眠程度で、琵琶湖へ出撃!

(完全にシーズンインの釣モードのスイッチ入ってますね)

 

で、早々に、問題のエンジンメンテで、、、

 

今回は、...
マーキュリー診断データを元にチェックしたのですが
全くオールOKで異常ナッシングなんですね・・・

 

しかし、エンジンが掛からないので、マーキュリー触らせたら
恐らく国内 随一の方に見てもらいましたが、それでも
原因が判らない・・・

 

 

二人で、あ〜でもない。こーでもない、と、原因を探り
昨年、湖上で乗っている時、オプティマ独特の音がせず
若干、燃焼不良を起こしている感があったので、電気系を全交換することに。

 

 

コンピュータ交換、コイル交換、その他・・・
で、ほぼ全ての電気系を交換して、エンジン掛けると・・・

 

 

かかった!

 

 

う〜ん。。。
でも、不安が残る。。。

 

 

兎に角、暫くは、これで様子を見てみようと言う事で、午後2時過ぎから
湖上に出て春探し!

 

現在、釣れているエリアは、2週間後の試合には全くダメになるのでパスして、

先読みで、残りウィードを探しまくって、結構、

いい感じのん、群生している所、発見!

 

で、時間も無いので、ヘビダンで、ほぼシューティング気味に
落としていけば、画像のようなベイトの群れが、

ウィードパッチに引っ付いてステイしている時は、
ほぼ100%近い確率で、バイトの無いバイトで、ラインが横に走るんですワ!

 

 

ベイトが、ワサワサ〜!!

 

しかし、1本も獲れず・・・
ラインは12LBなんですが、本日3バイト、3ブレイク。

 

多分、この時期、独特の個体が異様に大きいのと、
今日は、シューティングのリアクション気味の釣り方やったので、
「ハッとしてグー」のMAXバキュームして、丸呑みしているんやろうと、、、

 

ちなみにスピニングで、パッチ目掛けてキャストしての

通常釣りもやりましたが、無反応なんですね。

 

来週は、兎に角、エンジンが掛かってくれて、ようさんの時間、

釣り(プラ)したいです。。。

 

                         おわり

 

 

■最後まで読んでくれた方に、琵琶湖の現在、熱いスポットをご紹介

 

 六本柱南、残りウィード(バイトは遠いが超大型、回遊中)

 プロセンコーネコ、お勧め

(リーダーシステムを組むほうがブレイクされずに取り込めます)

 

 六本柱北、フラット(大型、中型、回遊中)

 モコリークローのライトテキサスで、広範囲を探るのがキー

 

 自衛隊沖、残りウィードとベイトが絡むエリア(大型、中型、回遊中)

 プロセンコーネコ、お勧め

 


本日の琵琶湖


AM6:00に仕事が終わり、2時間仮眠で起床!(AM8:00)

 

早朝の渋滞ラッシュに巻き込まれながら、一路、琵琶湖を目指し

高速に乗る。

 

名神高速は意外に空いており、10時にはマリーナに着いて

11時には、釣り開始。

 

そんな組み立てをしながら、京都東ICまで、あと少し。

突如、渋滞に嵌まる・・・

 

 

全く、動きませんね・・・

 

どうやら事故渋滞で、撤去に時間を要する様で・・・

 

軽く2時間ばかり、止まったままで・・・

 

 

間もなく、お昼の、ヒルナンデスが始まりそうです・・・

 

 

眠気全開・・・

何とか、渋滞が解除され、マリーナに着いたのは、午後1時。

早々に、準備を済まし、船をランチング。

 

 

で、、、

また、、、

エンジンが、、、

掛からんです、、、

 

 

各部点検しましたが、全く、原因が追い込めず

時間がもったいないので、エレキのみで、マリーナの前の

ドシャローを、釣る。

 

時刻は、PM3:00・・・

帰着は、PM4:00・・・

 

実質、1時間しか釣りができない状態で、しかも、こんな浅い所に

まだ入ってないやろうと・・・

 

ま、

でも、、

釣りが出来てるし、、、

 

と、リーズ前を、ひと流し目、打つと・・・

 

速攻にラインが横に走り、、、

 

 

今年の初バス!58cm 3kgオーバー!!

 

すいません・・・

何回、UPしても、写真が逆さまになってしまいますゎ・・・

 

Feco プロセンコー カラーNo.363!(ダウンショット)

 

かなりお腹の張った プリメスです。

その後も、時間一杯まで打ち続け、1バイトありましたが

乗せきれずで、終了。

 

1時間足らずの、実釣でしたが、やっぱりプリメスには

ピン系のストレートワームが断トツに、効果がありますね。

 

これは昔も今も変わらず、琵琶湖のプリメスには、

ホンマ高レスポンスですよ!

 

しかし、もう入ってきてるんですね。

ドシャローに!

 

今年の春の琵琶湖は、早そうな感じです。

次回釣行までに、エンジン完璧にして、南湖、こまなく

春探しに行ってきて、またUPしますね!

 

 

 

 

 


Previous | 1/42 Pages | Next >>