Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Gary Family

Archives

最新機器を導入


さて、待ちに待った 最新魚探(GPS)が、届いたので

早速、取り付け開始!

 

シート外して あれも、これも外して

何とか日没までに、取り付け完了!

 

最近の魚探は、相当、取り付けも大変でした。

 

で、ついこの間、時間を見つけて、早速、実釣へ!

過去のGPSデータが 全て飛んでしまって無い状態なので

一から山立で 目ぼしきポイントをマークしながら・・・

 

 

最高に良い場所、発見!浚渫上がりのカナダ藻地帯!

 

ジカリグに今年、琵琶湖で当たっている モコリークローをセット!

 

 

 

もうね! 一撃です! 余裕の4kgオーバーのロクマルです!

 

次戦(ゲーリーCUP)に向けて、日々、山立しながらマークして、

しっかり釣り込んで、実績場を、増やしますよ~

 

 


壊れると、勝手知ったる琵琶湖でも、どうにもならないもんですね・・・


すっかり梅雨明け(空梅雨?)した関西(琵琶湖)では

亜熱帯?と、思わせるほど、湖上に出ていると、日々

強烈なスコールに、でく合わします。。。

 

夏ですね!

 

そんな折、試合の1週間前に、とんでもない爆風を伴うスコールに合い

避難する途中で、波に2度ほど、突っ込んで、

丘に上がって見れば、魚探が完全に壊れているのに気づき…

 

試合間近なので 慌てて、修理の依頼するも…

間に合わなく…

 

ならば奮発して、最新の魚探を発注するも…

納品が間に合わなく…

 

 

試合当日を迎え…

 

 

朝のミーティング時のコメントを喋り・・・

 

 

ピンの釣りなのに GPSも魚探も無しで いざフライト・・・

 

 

まぁ、何とかなるかな?と思いながら・・・

 

 

全く、何ともならず・・・ この小さいの1本のみの結果・・・

 

 

優勝は3本=10kg超えの 琵琶湖レコード記録の釣れっぷり!

 

相当、凹む感じで、パターン(コメント)を聞き~の・・・
次戦までには、魚探(GPS)何とかしないと、と思い~の・・・

 

 

そんな中、ひょいと投げたら 釣れました!って エース君が・・・

 

ロクマルやん♪

 

中々、彼は 持ってますよ!

大型は、タイミングと アプローチが合わないと 中々、琵琶湖でも

釣れないんですよ。

 

 

さて、次戦までには、完全装備で、夏の琵琶湖と向き合いたいと

思います。

 

練習有るのみデス!

 

 

 

 


中々、噛み合わない・・・ 其の


魚探(GPS)の無いまま 試合当日の朝。

 

 

少しローライト。

余計に山立が難しい・・・

 

フライトは、こんな時は 異常に早くH嵬棔

何とか、この辺?

と思われる所でエレキを落とし いざ釣り込み開始。

 

まぁ、だいぶズレていたんでしょうね。

全く、魚が回ってきません・・・

 

丁度、試合時間の残り1時間ほどで 晴れてきて

ほぼ、ここでしょ?って所に 山立で入り

祈るように集中しながら 釣り込んで何とか、、、

 

2600g 1本 ゲット!

 

その後も、時間いっぱいまで 釣り込みましたが

バイトはあっても 焦っていたのか 早合わせで

乗せきれず タイムUP・・・

 

此度も表彰台を 見上げるポジションです(T_T)

 

 

次回までに 魚探(GPS)を総入れ替えして

今までのデータも飛んでしまったので 時間の許す限り魚探掛けして

ピンの入力を進めます!

 

相当、本音は凹んでいますが 頑張りと努力あるのみです!

次回に期待デス!

 

 

 


中々、噛み合わない・・・ 其の


今年は空梅雨?

そんな感じにも 見受けられるほど、既に初夏!

そんな中、先だって 琵琶湖チャプターが開催されました。

 

季節の進行が早いので、日増しに夏のエリアに大型が移動。

その点は、ガッツリとプラで掴んでいたんです。

 

ええ魚を選んで釣れてきてくれるので 前プラを効率よく

すすめるために サンショウウオ+ラバージグを多様。

 

ガッツリ丸呑み! 50UP!

 

重さも申し分ナシ!サンショウウオの成せる仕事デス!

 

 

その後も各エリアで 確認フィッシュを抜き上げて!

 

どれもイイ個体デス!

 

少し荒れ出した頃から 怒涛の入れ食いに!

 

オール50UP!! サンショウウオ+ラバジ

 

あまりにも手応えが有りすぎて 怖いぐらいの前プラで気分も上々!

しかし、余裕を持ちながら やや荒れ気味の琵琶湖で

更なるビッグバスの溜まり場を求めて プラをやっていると・・・

 

 

一瞬で!

もう、ほんと一瞬で 

激荒れを超えて 日本海級の「大しけ状態!!」

 

30年ほど 琵琶湖に通ってますが 天候(風)を読み間違えるなんて

ほぼ、あり得ないのですが その日は、異常とも思えるほど早く

僅か2~3分で 20フィートクラスの船が 木の葉の様に

どうにもならないくら位の 突風が吹き荒れ 取り急ぎ避難!

 

避難するにも 波に刺さること 数回で、ビルジが追いつかいない状態。

何とか避難して 風が収まるのを待って帰港。

 

丘に上がって片付けをしていると 魚探(GPS)が前後とも

衝撃からか? 完全に故障してしまい 電源も入らず・・・

 

明日は試合。

何とか復旧を試みましたが 根本的に内部が終わってしまった様子。

 

まぁ、なってしまったものは しょうがない。

明日は、山立で 何とかしよう・・・

 

                     つづく・・・

 

 


今日の琵琶湖 モコリークローで オール50UP Day!!


試合で噛み合わない 今日このごろ・・・

憂さ晴らしと 次戦のプラを兼ねて またまた寝ずの琵琶湖釣行!

 

 

出船は、どっぷり日も上がり 既に暑い・・・

 

 

日焼けは大敵な、お年頃。

 

今年から、三蔵法師を導入! これ超涼しい~!!

 

さて、釣果の方ですが、本日は、昨今の琵琶湖の

季節の進むスピードが 異常に早いので 

打ち込み1本のパターンを探し 南湖を右に左に・・・

 

 

で!

発見ーーーー!!!

 

 

魚探右側がエビ藻

左側がカナダ藻

 

しかもカナダ藻の中は 早くも完全ドームを形成!

更にハンプ絡み!

 

毎年7月にならないと このピンは、この様な形には

成らないのですが 今年は、既に完成形に近い!

 

で、早速、こやつで 打ち込み開始!

 

 

ドームを貫通させて 着底確認→ステイ→グゥ~ンと重くなる!

 

怒涛の50UPの 入れ食いでした!

 

釣っても、釣っても 50UP!!

 

個体は、まだ回復仕切っていない アフター気味ですが

それでも、頭5本で、10kgは超えます。

 

本日、使ったのは モコリークローのみ!

 

この時期、まだアフターの個体が多いので あまり大きすぎず

一口サイズで 尚且つ、甲殻系の動きが遅く 

食い応えのあるシルエットに 琵琶バスは反応大です。

 

琵琶湖と言えど 中々、一箇所から 50UPが釣れ続くのは 

珍しい現象です。

 

夏っぽい釣りが 琵琶湖では始まり出しましたよ!

 

 


Previous | 1/43 Pages | Next >>