Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Gary Family

Archives

定番ゲーリーワームの裏技的な。


暦も11月に入り、体感気温もグッと秋っぽくなって来た昨今ですが、

まだまだ、行ってはりますか?(笑)。

今日は徐々にインドア派になっていく皆さんに、

少しゲーリーワームの使い方(裏技)に付いて

語ってみたいと思います。

どれも実績有る使い方です。それでは早速…

 

 

ゲーリーのグラブ系をイモグラブにした場合は、逆挿しが正統派?と思える程、

多くの方が純正の挿し方とは異なる方法で使用されているように、

同じくゲーリーのセンコー系も、これまたしかりなんです。

 

例えを上げると私の場合、5インチセンコーを琵琶湖で、ノーシンカーで

使う場合、低水温期の場合は、純正の使い方(挿し方)をし、

ハイシーズンになると、逆挿しをする事が多いんです。

 

その意図は?って、言いますと、基本、琵琶湖の場合、

ウィードコンタクトをさせながら使用するので、

低水温期は、ご存知のように、ウィードが少なく「まばら」な上、

細く弱いので、僅かなウィードでも、しっかりコンタクトさし、

その感触を手元に欲しい所ですので、ワームの頭の

平らな部分(円形?直径?)の面積が大きい方から挿します

(所謂、純正挿しです)。

 

反対にハイシーズンになると、ウィードが生い茂って来ますので、

純正挿しだと、引っ掛かり過ぎて、否が応でも意図的に、

ハングオフして外さなければならなくなります。

 

一昔前では、ハングオフのリアクションで口を使う個体も多かったのですが、

昨今の魚は、慣れたしまったのか?めっぽう嫌がる個体が多い事から、

逆挿しにして、ウィードのスリ抜けを良くし、極力、ハングオフの

回数を減らし、プレッシャーを与えないように!と言う配慮から来た

使用方法です。

 

「そこまで、気を使う必要はあるの?」って事ですが、

「休日なり、船団なり」の、極度にプレッシャーが掛かったエリアから、

ワンサイズ大きいのに口を使わせるには、必要な事かと考えます。

この使用方法は、実績は十二分にある手法です。

 

ただ難点は、「尾っぽ」の方から挿すので、この場合の

ワームの頭(フックアイの部分)が、案外脆く劣化が激しい所でしょうか?

しかし、ええ奴、誘い出しますよ!時期ハイシーズンには、

一度、お試しください。

 

次に、カットテール!こちらの場合は、純正挿しは変わらずなんですが、

カットテールの「尾っぽ」のフィン?を、通常、

上向きにセットしますよね?これを下向きにセットします。

 

「このエリアから、もうワンサイズ大きいのが欲しい!」って時に

使用します。

特に、ジグヘッドや、ダウンショットで使用している場合は、有効です。

 

フィンを下向きにセットした場合のカットテールは、

何時ものリズムでシェイクを入れても、通常よりテール先端の動きは鈍くなり、

反対にシェイクの振動は、テール先端の動きが殺されたことにより、

ボディーに分散されたように伝わり、微細に震える部分が、

テール先端からボディーに変化します。

 

また下向きフィンが時折、水を噛み、イレギュラーな動きを

予測無く起こすようにもなります。

 

この2大要因が釣っても、釣っても、金太郎飴状態だったエリアから、

ワンサイズ大きい個体に口を使わすキモに、なっているんだと思います。

 

何時ものカットテールですが、もう別物って感じじゃないでしょうか?

こちらも実績は、相当ありますので、本格的に寒くなる前に、

一度、お試しに行かれてみては如何でしょうか?

 

その他にも、この様なリグり方は、多数存在しますので、

また機会がある時に、ご紹介したいと思います。

それでは今回は、この辺で!

 


オーナーズCUPに参戦


本年度の締めくくりに オーナーズCUPに参戦。

 

しかし、練習不足の私には、非常に難しく

試合後半になって、ようやく見えてきた感じで終了〜(6位)

 

5インチ センコー(5gテキサス)

 

もう少し冷えてきて、ターンが本格的になれば

今年の最終地合いでしょうか。

 

 


9月1日(琵琶湖で10インチ カットテール)


全国的に猛暑にゲリラ豪雨、さらには突風と、熱帯的な気候な感じで

こちら琵琶湖も、中々、湖のコンデションが上向きにならず

でも朝夕は、少し涼しく、秋っぽくて、、、

 

昨日の水温で早朝26度、日中28度、少し下がった状態です。

この2度の差が 縦に反応していた個体が 横のものにも反応しだすんです。

 

で、今回はゲストさんと どうせ渋いなら 10インチカットテールで

ごつい奴のみ狙いましょう!と。

 

早速、最寄りのエリアで試し タフコンながらバイトが、やっぱり凄く多い!

これ今の琵琶湖では 集中力が持続できるので 相当、有難いですよ。

 

やはり大きいワームは、人工的で無い、ナチュラルな動きが多分にあるので

何某か、魚に口を使わす感じです。

 

ワームが長いので バイトがあってから3秒ほど遅れて合わすのですが

それでも乗らないので 持っていくまで待ちましょう!で、

 

はい!50UP!!

 

 

続いて・・・

 

50UP!! 10インチ 丸のみ〜

 

 

ゲストさんにも、ええ奴きました!

 

 

 

日が上がって、相当タフになってきたので、今度はゲリ8に

チェンジで 50UPの太い奴!

 

その後も45〜48cmを 飽きない程度に追加して

昼過ぎに 雷付きの強烈なスコール発生で 早上がり!

 

本日よかったのは カラーNo.900

赤系で、もう一つ言えばシルエットがハッキリでる色に

バイト集中でした。

 

まぁ、写真を見てもらえば分かりますが とにかく、水が悪いんですね。

それでもバイトを多くもたらせてくれる 10インチの寄せる力を

改めて実感!

 

今週末辺り 琵琶湖で試してみてください!

コツコツ×2 絶えず突いて来ますよ!

 

 


NBC琵琶湖 8.19(7位)


デスレイク化した琵琶湖でのチャプター夏の陣!

プラに当てたのは 5日間。

 

暑さと疲労で、日常会話が やや困難な状態で、やっと見つけた
大型魚の食わせ方。

 

アベレージ55cmのプラ最終日

YAMASENKO / ECO 5"PRO-SENKO (エコ 5"プロセンコー)
カラー341   リグ:ノーシンカー(オフセット掛け)

 

迎えた試合当日

 

精一杯、やりきりましたが、、、

6バイト、2ブレイク、途中フックアウト2本=キャッチ2本。

 

散々な、キャッチ率でメンタル凸凹の試合中でしたが
きっちりロクマル出てくれました。

 

当日のビッグフィッシュ賞いただきました!(60cm 3500g)

 

リミット揃えられずだったので、お立ちには届きませんでしたが(7位)
今年初めて、試合している充実感がありました。

 

参加された選手の皆さん、運営の皆さん、
暑い中、お疲れ様でした。

 

 


日々、灼熱(NBC琵琶湖・ゲーリーインターナショナルCUP) エピローグ


朝一のMCはエース君が担当!

 

私は赤の1番、当日のフライトは赤からスタートで

どこでも行き放題!

 

この少しの気の緩み(余裕)が、全開放水の時、良かったエリアを

少し叩いてから、昨日、見つけたエリアに入ろうと

いらぬ判断を生む。

 

1時間ぐらいで出なければ移動するつもりが、出ればデカいエリアだけに

2時間もハマってしまう・・・

当然、ノーバイト。

 

昨日、見つけていたエリアに向かうと、大船団・・・

GPSでピンに近づこうとするが、船が多すぎて全く近寄る事すらできない。

 

おまけに連日、凪状態だったのに、この頃から、南風ババ荒れとなり

状況は更に悪くなる。

 

バウを湖面に叩き付けながら、何とか2kgUPを1本獲るが、

バイトとが出なかったので、ガッツリ飲まれている。

早々に処置を施し、ライブウェルにしまい込む。

 

その後、バイトが遠い中、最後に小型を1本のみ追加しタイムUP・・・

 

検量に持ち込めたのは、この1本のみ。

 

相当なタフコンで、半数がゼロ申告。

それでも優勝は6キロ台。

 

シャローのパンチングを丸一日やりきった結果とのこと。


 

表彰式の間も容赦なく太陽が照りつけ 

参加選手の皆さんもフラフラ気味。

 

私も猛暑の中、4日連続のプラ疲れと、

最悪な釣果のWパンチで意識朦朧・・・

 

そんな中、ファミリーの古村さん、しかり新製品のPR!

 

皆さん!イカです! 新製品のイカが良いです!と言ってます。^^

※注:歌を歌っているように見えますが、熱くイカを語っています!

 

そして協賛いただいた多くのゲーリー製品を、抽選で皆さんに!

最後は記念撮影!

 

猛暑の中、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

                                      〜おわり〜

 

追記

8月灼熱の琵琶湖で 本気でイカ(4.5インチ)を使い攻略し

実釣レポートを報告したいと思います。 乞うご期待!!

 

 

 

 

 

 


Previous | 1/48 Pages | Next >>