Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Gary Family

Archives

琵琶湖も秋へ移行 其の


中々、これだけ ベイトが居ても 反応する個体が少ないのが

今の琵琶湖。

 

水温的にも 25度前後と下がってきたので 横方向へ動くリグで

スローな物が 宜しいかと、、、

 

暫く、魚探を見ながら ベイト出現ラインを流すと・・・

 

大きく見えますが 50cmには、ちょい足らず・・・

 

 

その後も、このちょい足らずが 飽きない程度に食ってきて

大きいのは このエリアには 入ってきてないのかな?と

残り少ない時間を 気にしながら 釣り込むと・・・

 

 

やっと来ました 50cmUP!

 

なんだかんだ3時間程度で 55、52,49~48✕3本と
宜しい内容で 帰港です!

 

 

この日、使ったのは コレね!

 

ゴジテキ(5gテキサス)+6,5インチカットテール

 

 

バイトしている位置が SUGOIでしょ?

全部、一発でベイトを捕食するために 尾っぽからで無く 胴体一直線で捕食!

 

本気でバスが スイッチ入った時の食い方ですね!

 

まだまだ、このパターンは有効ですので ベイトが多いエリアを見つけた時で

巻物にイマイチ反応が無い場合 ズルズル+フラフラ~をイメージして

このSETで 引いて見て下さい。

 

結構、手元にハッキリ来る 気持ち良いバイトが得れますよ!

それでは、また!

 

 

 

 

 


琵琶湖も秋へ移行 其の


試合で結果が出せずに ストレスMAXだったので

平日に 3時間ばかり時間が出来たので 何処でも入り放題の

貸切?琵琶湖に出撃!

 

300馬力に載せ替えて 乗り味がマイルドになりましたね!

 

今回、釣り込んだのは こんな感じでベイト(多分、アユ?)が

ハードボトムが絡む、ウィード帯でスクールしているエリア。

 

 

 

 

ウィードも低いので クランクでも?と思いがちですが 本日は、南郷の水門が〆気味なので

意外とプアと判断し ゆっくり丁寧に引ける ゴジテキ(5gテキサス)を投入。

 

イメージは、弱ったベイトが 湖底を、ズリズリ+フラフラ~と言う感じ。

 

30分ぐらい魚探のGPS航跡後の様に 引いて、要約 コッ!と言う

小気味良い バイトあり!

 

ガッツリ合わせて はい、3kg!

 

 

ゴジテキ+6,5インチ カットテール!

 

 

55cmは、ありますね~ 

 

試合で出るはずだった ベイト依存型の重たい個体。

本日は時間が無いので このエリアのみを 叩き切るイメージで 更に釣り込みます。

 

                                      つづく

 

 

 

 


琵琶湖チャプター(ゲーリーCUP) 完


直前プラで追いついた デカバスの移動先へバウを向け

エリアに着くなり・・・

 

 

なんで???

 

 

そんな言葉が出るぐらい ボートだらけ・・・

 

 

でも、自分には ここしかデカイのが獲れないので

メインエリアの端の方ならボートポジションが取れるので

そこから釣り込むが 中々、ベイトも薄く回遊のデカバスが

回ってこず・・・

 

 

でも、忘れた頃にデカバス独特の バイトの出ないバイトを感じ

ガッツリ合わせるが 浅噛みで乗せきれず・・・

 

その後も、フッキングのリズムが噛み合わなく、どうにも

乗せれ無く・・・

 

 

短い試合時間は あっちゅう間に終了・・・

 

一応、検量して頂いてますが・・・ 既に勝敗は見えてる状態なんです…

 

 

乗せれたのは こんな感じの個体でした・・・

 

 

 

はい。。。

と言う事で インタビューアの人へ早変わりで

根掘り葉掘り、聞きまくっています。

 

 

 

上位陣4名は シャローのフリップを得意とする選手が総ナメ!

 

 

表彰式の後は、冠スポンサーでもあります ゲーリー様より

多くの商品提供があり 抽選+ジャンケンと奮奪戦で

大人数の参加選手は 大盛り上がりで幕を閉じました。

 

 

さて、今年の村上は 10年に1度周期で回ってくるほどの

試合で結果が残せない(噛合言わない)展開の年でしたが

 

まだまだ、琵琶湖はハイシーズン!

9月からは、デカイ個体のみ求めて 琵琶湖へ通い込みますよ!

 

また、こちらでレポートさせて頂きます!

 

                          完

 

 

 

 


琵琶湖チャプター(ゲーリーCUP) 其の2


かなりの感触のプリプラから 直前プラまでの週間に 

台風接近で 放水量を倍近くに・・・

 

 

これは、いかん・・・

 

 

と言う事で、急遽、仕事に都合つけて 直前2日間プラを決行し

必死にデカイのんの移動先を探し、遂に追いつく訳です。

 

そして、試合当日を迎え・・・

 

今年は参加人数が多い!(ほぼマスター戦と同人数)

 

 

何とか努力を結果に表して テッペンに立ちたい!

 

 

いざ、フライト!

 

 

ただ、当日の早朝は 肌寒いくらい冷え込んだ朝でした。

 

                    つづく・・・

 

 

 

 


琵琶湖チャプター(ゲーリーCUP) 其の1


お盆も過ぎて、日差しも少しはマシな感じですが

それでも日中の湖上は、まだまだ灼熱。

 

今年は、やりたい事が沢山あって、魚探の総入れ替えに

前々からトラブルに悩まされていたエンジンを

遂に入れ替え!

 

SUGOIトルクの 300馬力!      

 

今時のエンジンは スマートキー付き?の全て電子制御!

 

慎重に慣らし運転を兼ねて 8月27日(日)に開催される

琵琶湖チャプター(ゲーリーCUP)のプラを黙々と!

 

琵琶湖の場合、南郷堰の放水量の加減で 相当、魚の付き場所が変わるんですが

約1週間前のプラの段階では 自分にはベストな状態で、以前から

感触が良かった、目ぼしき所を ジカリグ+モコリークローで打ち込めば・・・

 

50UP(2500g)!         

 

 

 

他所でも簡単に50UPが続々と!

 

アベレージ2500gの魚のパターンを見つけ

かなりの感触を得つつ 直前プラまで、日々の仕事をこなし

スタンバイ。

 

                      つづく・・・

 

 


Previous | 1/44 Pages | Next >>