Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Gary Family

Archives

5月30日 琵琶湖(南湖)


滋賀県でも自粛解除もなされたので

久しぶりに琵琶湖!

 

此度は、ここ数ヶ月間、自宅で籠もりっきりの嫁さんも

私もリフレッシュしたい!とのことで 私はガイド役に。

 

リグは、絶対的安定感 ウィード絡みも無くストレスフリー

尚且つ ネストでも ポスト個体でも 反応を示してくれる

ヤマセンコー4インチ ノーシンカーをチョイス。

 

嫁さん(ゲスト)にはピンの一番良い部分を 

オートマチック的に流して貰えるようにエレキを操船して 

ピンの真上かな?の時には スポットロック。

そしてまたスローに船を流す。

 

ゲスト様は、何時くるか解らないバスに対応すべく 

剣道の竹刀を持つような構えで 

微動足りもせず バックシートに座っております。

 

当然、私には ピンを外した流しでも 飽きない程度に

45cmクラスは釣れます。

 

 

ゲストさん、少々 退屈にされているようで

会話で時間を持たせながら してますと・・・

 

強烈なビックワン 3800g!

 

ロクマル近かかったです。

ネットインするまで ゴリ巻き×2でしたので 

何時ブレイクするか?と、ハラハラでしたが 

無事、ランディング成功!

 

ゲスト様、勿論 自己新記録でご満悦!

センコー釣れるね!を 終始連呼。

 

その後、ゲスト様の竿先が どう見ても絞り込まれている状況を

何度が見ましたが ゲスト様は 

食ったら走る、大きな個体しか ご興味が内容で 全無視。

(勿体ない、、、)

 

そんな中 またしても ジーーーーーーーーと、走る

大型個体の かかった音が!!!

恐るべし!ヤマセンコー!!!

 

3500gの 55cm!

 

2本で既に7300gって どうですか?

相当なウエイトですよね?

 

勿論、ゲスト様 強烈テンションで もっと釣る!との事でしたが

午後から気圧変化が伴い スコール+大荒れの予感がしたので

本日は、これにて終了!

 

全サカナは、ヤマセンコー4インチ ノーシンカー グリパンのみの釣果。

現在の琵琶湖は 簡単では無いと思います。

 

そんな中でも

やはり、余計な動きをしない、ヤマセンはお守り。

食い渋りの時は 気配を殺すノーシンカーが 釣果をもたらす。

間違ってはいけない 今のマッチザベイトのサイズ(4インチ)

 

大型が求めている要素を キチンと押さえてあげれば

答えは返って来るようです。

ちなみにラインは リグを少し浮かす要素を与えたかったので

7ポンドを使用。ご参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 


3月10日(金) 琵琶湖(南湖)


仕事の合間に 少しの時間が出来たので 湖上に浮いてみることに。

当日の条件は 以下の通り。

 

3月10日(金) 晴れ 水温 南部14.2℃ 北部14℃ 南西4m荒れ模様 放水量15

 

水温的には、シャローに 魚が入ってきても良い感じですが

昨今の琵琶湖は シャローにウィードとか 身を寄せる物がなく

入ってきた魚も 余程の条件が揃わない限り 長居はしないんですね。

 

本日は荒れ模様で 東岸は渡れず 西岸、各所ワンドを見て回り

各所でバイトはあるのですが すっぽ抜けが多く タフな感じはありましたが

48cm〜43cm 船上8本。(実釣 約4時間)

 

 

ここの所、反応が良いのは フラグラブのフリーリグ(5g)

アクションは ズル引きで 枯れ藻や新芽 何でも良いので

シンカーに違和感感じた所で ステイ5秒。

 

バイトが無ければ またズル引いてきて 底質に変化があるのを感じたら

ステイ5秒の繰り返し。

 

バイトは今現在は オスの個体が多いのか コッ!と明確に出ることが多いです。

メスのバイトは ロッドに多少の違和感を感じる程度の 繊細な物。

でも、それを感じ取れ 乗せる事が出来れば 今の季節はデカいですよ!

 

 

 

 


3.22 NBC琵琶湖開幕戦


ウィードの少ない昨今の琵琶湖では 三寒四温が激影響

そんなコンディションの中 3月22日(日) NBC琵琶湖 開幕戦の開催

 

大会3日前より 南風の大荒れが続き 多くの選手がバイトが無い、、、

何処にバスがいるのかすら 掴めない、、、と

タフコン必須の試合となりました。

 

魚を持ち込めたのは、僅か19名(リミットメイク1名)

紛れもない琵琶湖での試合です。

これほどにタフだったんですね。

 

私は何とか2本を持ち込み 初戦12位でフィニッシュ!

 

場所は人工島南出口沖の浚渫のハンプ上。

リグは、2.5インチ レッグワーム No.194

 

次戦は 3週間後!

まだまだ早春の琵琶湖で 難しい季節。

しっかりプラを行ない 詰めていきたいと思います。

 

※現在の琵琶湖 

 ライトキャロ 2.5インチ レッグワーム #410シラウオ 爆食い

 店頭で見かけたら SOLD-OUT前に 迷う事無くデス!

 

 

  

 


炸裂中


1584076257766.jpg
琵琶湖ナウ。
只今、来週末の試合のプラ中。
沖でシャローでカットテールの
ジグヘット炸裂中!
57cm頭に50cm アップ獲れてます。

2月末の琵琶湖


本年度の準備と、3月のプラを兼ねて琵琶湖へ。

ここのところ、週末のたびに雨、、、

しかも、相当、冷たい奴ですね、、、

 

作業は艇庫内なので雨に濡れることなく 進めれるのですが

吹き抜ける風が、刺さるように冷たい、、、

 

フル充電のバッテリーの積み込み、劣化配線の交換

 

お次は、ハイスペック魚探の時代ですが、私の場合、底質を判断するには昔の白黒魚探が

どうしても必要で、今期も増設。

マウントデッキより、ロータリー課題の△台が、はみ出るので

T字のステーを裏打ちして がっちり固定します。

 

 

こういう細かい仕事が 荒れた湖上ではプラスに働くんです。

で、準備完了で、少し湖上に出てみたら、、、

 

寒すぎる、、、

 

寒い+雨+南風強

西岸のみ水温、ウィードチェックを行い 時折、ベイトが回遊するコースを発見。

 

水温8.6度 例年より少し低い?

 

2時間ほど釣り込みましたが フォール中に横走るバイトが1回のみ。

荒れていたのできずかず 合わせ遅れで 成すすべもなくブレイク。

多分、バスな感じでしたね。

 

この日は、これにて上がったのですが 例年、3月に入り1週目過ぎぐらいで

水温関係なく 大型が動き始め 一時的に、南湖も好釣果が飛びかいます。

そろそろ、皆さん、始動開始ですよ!

 


Previous | 1/51 Pages | Next >>