Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Gary Family

Archives

桧原湖初チャレンジ


image0.jpeg
野尻湖プロガイドの奥泉悠介です。

9/11から桧原湖ガイドに来ております。

桧原湖は冷え込みが強くなり、ターンオーバーが始まりました。

本日のガイドでは、4インチグラブのライトキャロで、ワームを絶対にボトムから離さないデッドスローなズル引きが吉でした。

桧原湖初チャレンジのご夫婦様、良い釣りが出来ましたよ!

みなさん


16006030442060.jpg
秋バスにも
ききますよ!
#411 エビミソカラー
お試しください!

秋パターン


九州の大石です。

 

朝晩はすっかり秋めいて、フィールドにも変化が出てきました。

 

一時期は30度近く(オーバーしたことも)あった水温も落ち着き、徐々にバスの活動時間、範囲も拡大しています。

 

定番はやっぱり「浮きもの」。

ブイ、係留ボート、ロープ・・・よく見ると結構あります。

 

 

 

縦フォールはプロセンコー、横引きはレッグワームのDSでナイスサイズ連発でした!


池原ドリーム


image0.jpeg
野尻湖プロガイドの奥泉悠介です。

昨日、私の弟が池原ダムにて52.5cmを12インチカーリーテールでキャッチ!

一昨日から池原ダム入りしている弟。
一昨日にサンショウウオでビッグフィッシュをバラしたらしく、その分あってこの魚は震えたそうです。

弟の池原通いは、ロクマル釣るまで続くと思います。

琵琶湖ワカサギパターン


琵琶湖も、すっかり秋に突入。

現在の釣り方で主流が ワカサギパターン。

 

下物のディープには魚探のように 相当数のワカサギが映りますが

多くの方は、3インチ程度のジグヘッド(I字引き)で 食わせにかかりますが

狭いスポットに多くのボートが浮き 同じようなリグを投げるので

朝一の日の出の時間までしか食わなく 日中は、相当スレだしています。

 

そんな場合は 魚探に映像が映れば、ボートのほぼ真下にシューティング。

(4インチ ヤマセンコー 7gジカリグ)

着底後、放置し ヤマセンコーの自然な倒れ込みを使って食わせます。

 

勿論、反応しない個体もいますが I字引きより答えが早く 

スレた時間帯の個体にには 相当な有効打となります。

 

スレた日中 シューティングを続ければ 太い50UPが、山盛り反応!

※フリーリグも試しましたが 見切る個体が多かったですよ。

 

釣行時 是非に試してみてください!

ちなみに色は、Wメロンか、グリパンが反応良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Previous | 1/1178 Pages | Next >>